FC2ブログ

アブストラクト・ポエトリー

ࢇࡉっ࠾ࡓࡁーツࢫい࡞ࡓࡁ䣎࡜ࢇࡡ試合やࡢࢇ࡞䣍࡛ࡓやっࡁࡈ
やっ࡝ࡅࡓ䣍肩ࡣࡓࡀࡍࡓࡏࡽࡀ࡜ࢆ䣍旧ࢡࢨや࡛䣎アࡿࡃ࡚࡛࡟࣒ࢲࣥ࢞ࡢ࣓ࢽ䣍主人බ
ࣔࡢ䣍主人බࡀࡘやࡢ緑色ࡓࡋࡘࡓっࡣࡾ࡞࠿ࡀ角筋୕䣍ࡢࡕࡴࡕࡀや䣍ࢺッ࣎ࣟࡢ側ᩛࡢ
や䣍ࡢࡶࡢࡑࣥーࢩࡿࡍࣝࢡッࢱ࡜猛然࡟࣒ࢲࣥ࢞・ーツࢫࣝࣅ
スポンサーサイト

やんややんや詩


吾人いまだ悟入せず
快楽むしばむ歯型の音頭えんやらこっさ
脳裏に母乳が浮かぶはぼみゅーん
とびますか空にとびますか顔面随喜の痴態もんどりうってやんややんややんや

越境するポエジー


『携帯電話電源オフエリア』という標示をみた。
地下鉄内のそれをみたとき、一瞬、オフェリアにみえた。みえたというよりオフィーリアのようなオフェリアだった。
なんて戯曲的な空間なんだと思った。乗客達はどれもこれも死んだような肉物体で、呼吸をしないコンテストの途中経過のように座っていた。
#小説

スカイブルーの陰茎が空をとぶ

#川柳

私語無く仕事シコシコ獅子奮闘するっつうのは痛快なりまぢ割に痛切忘却に到着雄々しくシクシク泣かずの数の論理にてお客様様々な意匠にて通俗的続々這って舞ってやって来る狂おしさ無く
≪愛≫曖昧に悲哀にて時に暴挙

≪愛≫邁進する猜疑心にて時に消去

≪愛≫点滅する神話にて時に終焉

≪愛≫創造する宇宙にて時に永遠


#詩

2017年の新聞歌壇における短歌掲載数は合計で95首でした。

2017年の新聞歌壇において新聞掲載された短歌は95首

おそらく、いや確実に日本で一番多いだろう。

今年は、数にはこだわらず質を求めて、マイペースでやります。

新聞花壇というネプリも製作中。

新聞歌壇万歳。

たぶん僕、自称、新聞歌人

それにしても95首もの短歌が載るということは、うたの日で年間95回薔薇を獲るくらいにすごいことかもしれない。

今年は誰かが数に挑戦するかもしれない。

わたくしは少しずらしつつ、新しい道をゆく。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安西大樹(あんざいまさき)

Author:安西大樹(あんざいまさき)

ポチッとクリックお願いしますっ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR