FC2ブログ

精神が敏感な時は


電車やバスの中で
本を読みたいのに
人の視線を読んでしまう
びくびくしながら
ある人が神様にたずねる


「人類はもうすぐ滅亡の誕生日を迎えるでしょうか」

神様は何も答えない

ある人が神様にたずねる

「神様、あなたも人類なのですか」

神様は何も答えない

周りが強迫的な時は
目をつぶればいい

自分にも他人にも
降参の旗を振って
負けてしまおう

人間は考える【旅】である人間は考える【旅】である人間は考える【旅】である人間は考える【旅】である

笑えるほど丁重な奴には気をつけろ
必ず裏があるから
見えない場所で陰険な目つきをしているから

やたらに頭を下げ
お世辞を言い
その顔は絶えずにやついている

そういう奴に限って
ちょっと頼りにしようとすると
裏切るんだ
素知らぬフリで

二人は別々の部屋で眠る
夢の中でデートするために

じゃあ、おやすみねじゃあ、おやすみねじゃあ、おやすみねじゃあ、おやすみね


関連記事
スポンサーサイト

コメント

NoTitle

まーじさん こんばんは~♪^^

たぶんその視線は

自分の心が 創りだしたものなのだけれど。。

自分も 同じ視線の一人となって

さぁ 目を瞑れと

脅かしながら

さぁ もう怖くはないぞと

頭を撫でてやる

。。そんな電車の中の 自分とじぶん。

夢ねこ★不思議缶にご来訪ありがとうございます♪^^v-238

NoTitle

夢ねこさん、コメントありがとうございます。
せめて、自分とじぶんだけは仲良くやっていきたものです。
またの降臨、お待ちしてます。
非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安西大樹(あんざいまさき)

Author:安西大樹(あんざいまさき)

ポチッとクリックお願いしますっ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR