FC2ブログ

ブローティガン推し

メランコリーな指がポエジーのトリガー引いたら暴発しちまったみたいな

そんなアクチュアリティをはらんでいるのが

ブローティガンの掌編小説であり詩である。

彼の極上のレトリシャンとしてのポエジーの発露をわたくしはもろに浴びた。

レトリックのなかでも特にメタファー。その詩的飛躍は村上春樹どころではない。
それゆえ難解ではあるが非常におもしろく、ワン&オンリーでもある。



にほんブログ村 ポエムブログへ
↑よろしければポチッとクリックお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安西大樹(あんざいまさき)

Author:安西大樹(あんざいまさき)

ポチッとクリックお願いしますっ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR