FC2ブログ

なぜなら俺は0なのだ


とある村の古井戸の底からマリア観音像が浮上してくる
村八分にあった人間のすべての【魂の質量】を胸に抱え込んだマリア観音像がゆっくりと昇ってくる

【魂の質量】のすべてから、あらゆる讃美歌が四方八方に光として放射される

西暦3333年3月3日3時33分

3+3+3+3+3+3+3+3+3=27
2+7=9

世界のすべての書籍の文字が集まって巨大な蛇になり

真昼の月に絡みついて粉々にしてしまった

≪9≫は完全世界への目覚めの序章

心は狭いよりも広いほうがいいと人は言う
だけど、あんまり広すぎると、【無い】のと同じだね

心は広いよりも狭いほうがいいだろうか
限りなく無に近づこうとする態度
そういう人だっているだろう
だけど、あんまり狭すぎても、それは、【有る】のと同じだね
誰かが俺様を貶めようとしている
とことんまで下げようとしている
地面に這いつくばる俺様を見たがっている
その誰かの虚栄心や嫉妬や悪意が貶めるのは
実はそいつ自信だということがわかるまで
俺様を貶めようとするんだな
俺様は至って平静だ
俺様には空も地面もないからな


天と地との間に俺はいない
なぜなら俺は0なのだ
目を覚ますことなどない


と、
俺は、
アリス的なロリコンビューティーな少女の涙の海でひたひたになった小麦畑に墜落した死にぞこないのヨボヨボ老天使(男性)の断末魔の奇声のような声で世界へ声を投げかけたのだ。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安西大樹(あんざいまさき)

Author:安西大樹(あんざいまさき)

ポチッとクリックお願いしますっ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR