FC2ブログ

『前最終型真理』


神も数学も不完全であることは周知の事実である。
矛盾しないことが数学のオンリーワンの真理だとポアンカレはおぼっちゃま的知性によって知っていた。
そしてゲーデルは【神の存在証明】を試みようとするのだが。
それはただの記号と記号との等価関係に過ぎないのであった。


ところで、何年も前から、個人的造語である『前最終型真理』について思い巡らし、あらゆるシミュレーションを試みたり、哲学や宗教書の類いを読み漁ったりしている。

構築中の思想詩的な小説で『前最終型真理』をどのように組み込んでいくかで難儀している。おまけに、短歌がとても面白くハマっているので、頓挫中ではあるのだが。


世界は、【同時性】の軸の上に成り立っているわけではない。

世界は、【継起性】の軸の上に成り立っているわけではない。

世界は、【言語学】によって解明されることはないであろう。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安西大樹(あんざいまさき)

Author:安西大樹(あんざいまさき)

ポチッとクリックお願いしますっ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR