FC2ブログ

死を刺繍せよ




『死を刺繍する』というタイトルで、とある連作の賞に出したのだが箸にも棒にもうまい棒にもかからなかった。

死を刺繍して人は死んでいく、という意味内容と、人は人生において多くの他者の死を刺繍して生きていく、という裏の設定を込めた。

死というものの連なりを縫い継ぐことによって、無限の布に無限の死に様を無限の紋様として描けるのではないか、という意味でネガティブではなくポジティブな死の肯定を伝えたかった。

ちなみに亡き母はパッチワークのキルティングが好きであった。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安西大樹(あんざいまさき)

Author:安西大樹(あんざいまさき)

ポチッとクリックお願いしますっ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR