FC2ブログ

降れ、埋めるまで部屋を、雪よ


恋はいつも
心を出たり入ったり

忘れたいのに忘れられない生や死のように
恋というものが黙示録のように君臨する

部屋の外は猛吹雪
恋よ
この部屋に入ってきていいよ

恋の別名はあの人への希望
あの人のために
流した涙の数を

二千五百四十六まで数えた

あの人を忘れようとした今夜
あの人ともう一度関わりたいと思う
もう一度だけあの人に会いたいと思う
窓を開け放してみる
この部屋はあの人の面影が飛ぶ空になる

再びの恋よ
どうぞ
この部屋に入ってきてください
ふれ
 触れ
  降れ
   

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

安西大樹(あんざいまさき)

Author:安西大樹(あんざいまさき)

ポチッとクリックお願いしますっ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR